やっぱり自然が好き

副業でやっている農業の事、子育ての事、自然の事全てに感謝し熱く書いていきたいと思っています。

ぶどうの摘粒について

梅雨入りし、連日の雨でぶどうの粒が大きくなっています。

ブラックビートの摘粒についてご説明いたします。

粒が大きくなると、密着する可能性があります。そのため、収穫時の果粒の大きさをイメージし、触れ合いそうな部分を間引きます。

小さいもの傷がついたもの、内側についたものを優先的に除いてください。

摘粒がうまくいったら、摘粒していない房を間引きます。(摘房)1枝あたり1房にしてください。

デラウェアは2房でも大丈夫です。最近、スーパーでデラウェアを見かけるようになりました。懐かしくてつい買ってしまいました。

f:id:budoutan:20200615191619j:plain

ブラックビート

摘粒が完成したら袋掛けです。今年はBKシードレスとブラックビートを売りたいと思っています。ぶどうは栽培技術が難しいですが、私たちも勉強し、経験を積んできました。今年で7年目ですかね。熱い思いを込めて作っていますのでよろしくお願いします。